【口コミで話題の方法】包茎手術は痛くなくなってきている!【Men Complex】
HOME>特集>【口コミで話題の方法】包茎手術は痛くなくなってきている!

包茎の種類

股間を押さえる男性

包茎には3種類あります。1つ目は真性包茎といって、亀頭が包皮に全て覆われているタイプです。亀頭が全く露出しないので、包皮を清潔に保つのが難しく手術が必要になることが多いです。2つ目はかんとん型包茎と言って亀頭を露出すると痛みあったり、元に戻らなくなるタイプです。締め付けが強すぎて血流が詰まってしまうことがあるので注意が必要です。手術が必要になる症状です。3つ目は仮性包茎と行って普段は包皮に覆われていても簡単に露出が可能なものです。手術が必要にならないこともあります。

包茎はかっこ悪いだけじゃない

ガッツポーズ

包茎はかっこ悪いから治療したいと考える人が多いかもしれませんが、実はそれだけではありません。包茎は包皮の中に汗や皮脂が溜まるので雑菌が増えてしまいます。性感染症を起こす危険性が高くなってしまうのです。包皮炎や亀頭炎を始め、性行為をした女性の性病を誘発することがあるのです。パートナーのためにも包茎手術を検討しましょう。

手術は痛くない

包茎手術はデリケートな部分だけに痛いかもと敬遠してしまう人も多いかもしれません。しかし、きちんとした麻酔をしている医院であればほとんどの痛みは緩和できます。手術中はもちろん麻酔を利用しますし、お願いをすれば麻酔の注射の痛みもクリームの麻酔で防いでもらえます。治療後も希望があれば麻酔を受けられることがありますので安心して手術に臨みましょう。どの程度まで麻酔を受けられるのかも担当の医院に確認しておくと良いですよ。医院の口コミをチェックしておくのもおすすめです。

シャワーも当日からできる

包茎手術は短時間で終了するので入院の必要もありません。また、当日からシャワーも浴びられます。手術から約10日後に抜糸となりますが、それまでに自然に取れてしまうこともあります。

広告募集中